施術の種類

口元のアップ

小陰唇が大きくて悩んでいる人は施術によって改善できるということを覚えておくと、問題を解決してもらえる場合もあります。大阪のクリニックでは小陰唇を縮小させるために不要な部分を切り取り糸で縫い合わせる施術が一般的です。この施術を行なうときに確認しておくべきポイントは糸の種類です。糸の違いによってそれぞれ施術の特長が異なるのでしっかり確認しておきましょう。一般的に医療用の糸を利用する小陰唇縮小施術は様々なメリットがありますが、施術後の後が全く気にならないように仕上げることができるのです。しかしどんなにキレイになれる施術だからといっても医師の技術が低いと跡が残ってしまう場合があるのでクリニック選びは慎重に行なうようにしましょう。
また糸を取るときには施術が終わってから遅くても2週間程度後に再びクリニックに通う必要があります。
そのことを抜糸といい、そのときには痛みを感じることもあります。なるべく痛みを感じたくないのであれば、大阪の中でも医師のレベルが高い場所を選ぶことや、小陰唇縮小施術の抜糸のときにどんな痛み対策をしているのか確認しておきましょう。
大阪では特殊な糸を利用して小陰唇縮小施術を行なうこともあります。この糸は人間の細胞と同じ成分で作られているので、しばらくすると自然と体内に吸収され消えるのです。その性質のおかげで抜糸する必要はないので施術が終わってからトラブルがない限り、大阪のクリニックにまた通う必要はないのです。
しかしこの糸を利用して施術を行なう場合には自分の体に糸がしっかり馴染むのか確認しておく必要があります。また糸が完全になくなるのは、1ヶ月程度かかるということを理解しておきましょう。

料金について

白と青の注射器

小陰唇縮小施術を受けるのであれば、どれぐらいの費用がかかるのか確認しておくことが非常に大切です。基本的にはクリニックによって料金が異なるのでどんな基準で選ぶと良いのか紹介します。

Read more

未成年でも

黒いファイルを持つ若い医者

小陰唇縮小施術は大阪のクリニックで受けることができます。一般的にこのような施術は大人の女性が受けるものだと思っている人が多いのですが、未成年であっても受けることは可能なのです。

Read more

負担なく治療ができる

PCで管理作業を行う看護師

小陰唇縮小手術では、治療を行う医師が女性であるため、問題なく治療を受けられます。費用は片方につき6万円から10万円前後となるため、費用による負担もなく手術を受けられます。

Read more

オススメリンク